【お知らせ】わんさかわっしょい体験博

佐川町の地域体験プログラムにて、3つのワークショップを開催致します。

詳細・予約は、わんぱく公式サイトへアクセス!!

予約開始は、9月8日正午よりWEBにて受付開始です!

◯ オーバルボックス製作体験

オーバルボックスとは、曲げわっぱのように楕円形に曲げられたシンプルで洗練されたフォルムの箱です。古くは、キリスト教から派生した「シェーカー教徒」が作っていました。

彼らは、勤勉・質素であることを信条とし、自給自足のシンプルな生活を送っていました。彼らの「美は有用性に宿る」という考え方は、この佇まいの美しさによく現れています。

今回のワークショップでは、木を曲げる体験から蓋板・底板のはめ込みなどやりがいのある体験ができますので、苦労した分、思い入れのこもった一品ができあがると思います。

・開催日(全2回):

 【午前の部】10/6(日) 9:30 ~ 12:00 / 10/13(日) 9:30 ~ 12:00

 【午後の部】10/6(日) 13:30 ~ 16:00 / 10/13(日) 13:30 ~ 16:00

・定員: 各コース6名

・料金: 7,000円

・サイズ: #3サイズ 内寸( 巾 170mm × 奥行 110mm × 高さ 60mm )

詳細を確認・予約へ

◯ 香りを楽しむコースターつくり

木の魅力の一つ「香り」があります。コースターを作りながら、その香りから木の個性を知って頂く体験ブログラムになります。また木の香りには、「フィトンチッド」という「安らぎ」・「癒し」の効果があります。

今回は、下記の4種類の樹種を予定しております。

 *ヒノキ :お馴染み大工さんの香り

 *サクラ :みんな大好き桜餅の香り

 *ナラ  :ウィスキーの香り

 *クスノキ:強い香りで防虫効果抜群

先日、佐川の山歩きイベントに参加して気づいたのですが、これらの木は、佐川の里山の中にしっかり生えていました。これらの樹木は、実はとても身近にある佐川町の山の宝なのです。

サンドペーパーをあてるだけの簡単な加工ですので、お子様連れも大歓迎です。ぜひ香りに癒されながら木の個性を体験して頂ければと思います。

・開催日: ① 10/20(日) 10:00 ~ 12:00 / ② 10/20(日) 14:00 ~ 16:00

・定員: 各回5組

・料金: 1,000円

詳細を確認・予約へ

◯ 思い出のTシャツを時計に生まれ変わらせよう!

佐川町が誇るデジタルファブリケーション基地「発明らぼ」とのコラボ企画です。フレーム製作やTシャツの張り込みなど体験できます。デジタル刺繍ミシンによる文字盤の刺繍などもできますので、自由にオリジナルのファブリック時計が製作できます。

Tシャツ以外にもあなたのお気に入りのファブリックを使った時計として製作することも可能です。

・開催日: ① 10/27(日) 10:00 ~ 12:00 / ② 10/27(日) 15:00 ~ 17:00

・定員: 各回3組

・料金: 3,000円

詳細を確認・予約へ

わんぱく期間中は、佐川町で様々なことが体験できますので、その他プログラムもご覧ください!ぜひわんぱく公式サイトへGO!

オーバルボックス製作体験終了しました。

7/14にオーバルボックス製作体験が終了しました。参加して頂いた皆様ありがとうございました。抽選で外れてしまった皆様申し訳ありませんでした。

今回のワークショップは、製作難易度が高く、本当に不安でしたが大きく失敗してしまう人も出ず、皆様に無事オーバルボックスを持って帰ってもらえて本当に嬉しかったです。

今回参加して頂いた皆様の作品です。どれも素敵ですね。

木を曲げるときの「ぐにゅ〜」とした感触やカンナ削り、天板・底板の削り合わせなど非日常的な体験を楽しんで頂ければそれだけでも価値があるかなと思っています。そして、苦労した後、オイルを染み込ませて作品が輝き出す瞬間は本当に最高ですね。

普段、私が家具を造っていてもこの瞬間が一番好きです。毎回本当に木って美しいなと惚れ惚れします。

今回のワークショップは、皆様に楽しんで頂き大成功だったのだと思います。ご自身で製作した思い入れのある作品は、職人には出せない魅力があるなあと思いました。

it furnitureとしては、愛着を持って永く付き合っていけるものだけを身近においておく生活が美しいと考え、オーダー家具でその実現を提案していますが、世界にひとつだけのワークショップでの思い入れという愛着も皆様にぜひ提案していきたいスタイルだなと強く思いました。

さて次回のオーバルボックスのワークショップですが、10月に開催予定となっております。次回も一回の講座の定員数は、5〜6名の予定です。どうしても曲げる瞬間のサポートなどを考えるとこの人数が限界かなと考えています。随時ホームページまたは、instagramで情報発信していきます!